ボウリング アベ200 ボウリング投げ方 ストライク スペア

06 アドレス時のボ−ルと手のひら

スポ−ツとしてのボウリング

 

ADDRESS

 

06 アドレス時のボ−ルと手のひら

 

 アドレス時どの程度のフック(横回転)をつけようかと考えるさい,手のひらと親指の向きはレ−ンに合わせます。 大きく分けて3ケ−スあると思います。  

 

 1つ目が,手のひらがボ−ルのほぼ真横にある場合で,ボ−ルにはナチュラル・フック程度を与えようと考えて投球する場合です。
このときレ−ン・コンディションはやや遅いと想定しているケ−スです。一般にゲ−ムが進んだ段階に相当します。この時親指は11時,12時くらいの向きです。

 

 2つ目が,手のひらがボ−ルの真横と真下の間の,斜めの位置にある場合で,ボ−ルにナチュラル・フックよりはフックを与えようと考えて投球する場合です。
このときレ−ン・コンディションは普通と想定しているケ−スです。一般にゲ−ムの中盤の段階に相当します。この時親指は1時くらいの向きです。

 

 3つ目が,手のひらがボ−ルのほぼ真下にある場合で,ボ−ルにフック(横回転力)を充分に与えようと考えて投球する場合です。
このときレ−ン・コンディションはややはやいと想定しているケ−スです。一般にゲ−ムの早い段階に相当します。この時親指は3時くらいの向きです。

 

照準の設定
左図はボ−ルを持って上から
みている状態です。

 

 ただこの方法をいつも実行するわけではなく,アドレス時のボ−ルのセットは一定にしてあくまでコ−スの攻略で攻めた方が有効な場合はそちらを優先します。

 

               >>NEXT STEP

 

 

アベレージ200を目指すボウリングの楽しみ方と情報をご紹介。

スポンサードリンク

ボウリング番組・話題

ボウリング場ガイド

contact

関連サイト


HOME STEP1 STEP2 NEXT STEP ボウリング場ガイド SITEMAP