ボウリング アベ200 ボウリング投げ方 ストライク スペア

09 リリ−ス時の実際の親指の向き

スポ−ツとしてのボウリング

 

RELEACE

 

09 リリ−ス時の実際の親指の向き

 

 まずリリ−ス時の瞬間に,手のひらがボ−ルの横にある状態で通過している事が前提です。ナチュラル・フックの手の状態で通過します。
次ぎに手のひらを,リリ−ス時からボ−ルのカ−ブをなぞってほんの少し上(3cmから5cmくらいで,これ以上はオ−バ−タ−ンになります。)に動かします。
ここで手のひらが上にくると表現しましたが,要は手首を回して中指と薬指をボ−ルに沿って親指側に送り込むということです。
このボ−ルを離す直前の少しの動作が,ボ−ルに横回転力を与えるのにきわめて有効です。

 

これを親指の向きで説明ですると,リリ−ス時の実際の親指の向きは12時くらいで,これを一瞬で10時くらいにするということです。
一瞬といっても力まかせにやるのではなく,「フッ」と「ピッ」という感じの少しの力で少し向きを変えて,そのまま腕をあげてフィニッシュするのです。
 しかしこの感じがつかめなくて結構苦しむ時期があると思います。
尚,ボ−ルを離す直前に指でボ−ルをすくい上げる動作と混同しないでください,すくい上げる動作は指を痛める原因になります。
以下の図は自分の目からリリ−ス時瞬間の手とボ−ルを見た位置関係です。手のひらはボ−ルの横です。
照準の設定

 

 この動作を前提としますが,レ−ンが遅い場合やボ−ル自体がよく曲がる場合は,リリ−ス時の真横までだけで, 中指と薬指を親指側に送り込ことほとんど意識しなくてもいいケ−スもあります。この場合各ボ−ルと各レ−ンの状態に合わせます。

 

               >>NEXT STEP

 

 

アベレージ200を目指すボウリングの楽しみ方と情報をご紹介。

スポンサードリンク

ボウリング番組・話題

ボウリング場ガイド

contact

関連サイト


HOME STEP1 STEP2 NEXT STEP ボウリング場ガイド SITEMAP