ボウリング アベ200 ボウリング投げ方 ストライク スペア

14 10番ピン再考

スポ−ツとしてのボウリング

 

TRAINING

 

14 10番ピン再考

 

10番ピンのスペアがスコアに直結します。  スプリットは出たらしかたないのです。しかし7番ピン,10番ピンのスペアが取れないとここでアベレ−ジのアップが止まります。
これらは少しうすく入ったことによりますが,これについての対応は次の投球でするとして,ここでスペアを取らなくては200点は越えません。特に10番ピンです。  10番ピンのスペアは,1投目でストライク・コ−スを狙うのと同じ繊細さが必要です。

 

 スペアをなげるのに,ストライク用ボ−ルを使うのか,曲がりの少ないスペア用ボ−ル を使うのかによりコ−スどりがかなり違います。そのため普段の練習の時からどちらかにきめて練習すべきです。
 どちらかというとオイルに影響されない,スペア用ボ−ルを決め手使うほうがいいのではないでしょうか。   スペア用だとほぼ直球が前提ですので,むしろオイルのあるところを通ったほうがいいくらいです。 基本は10番ピンスペアで,スタンス35枚目,スパット18枚目程度くらいです。これに実際のレ−ン・コンディションを加味します。
さらにスタンスが結構外ですので,斜行枚数が狂いやすいので注意が必要です。
スペア用ボ−ルを使って直球を投げる事を想定 して,あまり好ましくありませんが,アドレスしたその場で10番ピンに向かって,すこしボ−ルを振ってみてから投球すると, かなりスペアの確率はあがります。

 

 そして10番ピンが残ったフレ−ムの,次のフレ−ムでの1投目についてですが,ストライク用のアジャストとしては 少し厚めに投げることになります。
1)スタンスを0.5枚右へ
2)スパットを0.5枚左へ
3)フックを強くする
などの対応をとることになります。往々にしてスタンス・スパットによるコ−スの修正より,フック・ボ−ルをしっかり投げる ことの方が結果はいいです。

 

               >>NEXT STEP

 

 

 
アベレージ200を目指すボウリングの楽しみ方と情報をご紹介。

スポンサードリンク

ボウリング番組・話題

ボウリング場ガイド

contact

関連サイト


HOME STEP1 STEP2 NEXT STEP ボウリング場ガイド SITEMAP