ボウリング アベ200 ボウリング投げ方 ストライク スペア

17 親指の抜け再考

スポ−ツとしてのボウリング

 

TRAINING

 

17 親指の抜け再考

 

 リリ−ス時に,親指が抜けていてきれいに腕が上に振り抜けると,無駄な力もかからないで楽にフィニッシュできて, なおかつボ−ルの回転もいいものです。この親指の抜けは自分では,見ることもできませんし,指の感覚としてもいつ抜けたかわかりません。
しかしここで抜けたはずだという技術はあります。

 

それはアドレス時から,親指の関節を曲げないで,親指のはらでボ−ルをつまむ感じでそのまま投球する方法 が前提です。 親指の関節を曲げてボ−ルをにぎると,きれいにすっと抜けません。その結果ひっぱたり,ボ−ルを逆に落としたりしてしまいます。
照準の設定 

 

ここまでは解説も多くありますが,さらにその後リリ−ス時に,意識して親指と人差し指の間を少し開くようにします。 その時親指が抜けているのです。
このやり方で親指を抜いた時(タイミング)がわかります。何度かその意識持って練習していくと,リリ−ス直前のこのあたりという感触が判断できてきます。 さらに親指の抜ける時の微妙な抜け方,抵抗,引っかかりがすこしづつ判断できてきます。

 

親指のホ−ルには,指のはら側にはすべりどめ(シリコン系のテ−プがいい)を貼ったり, 背には指穴調整を貼ったり,さらにベベル部分の角をまるくしてややひろげたり,親指自体の背に滑らせようのテ−プを貼ったり等, いろいろ試して自分にあった方法を探していくことになります。

 

               >>NEXT STEP

 

 

アベレージ200を目指すボウリングの楽しみ方と情報をご紹介。

スポンサードリンク

ボウリング番組・話題

ボウリング場ガイド

contact

関連サイト


HOME STEP1 STEP2 NEXT STEP ボウリング場ガイド SITEMAP